トップページ   焙煎風景   商品一覧   お客様の声

  適正な焙煎技術で焙煎した珈琲豆を、丁寧なハンドピック作業で欠点豆を取り除いた、美味しい珈琲をお届けします
『すろうらいふ』では、珈琲豆の焙煎専門家から厳しい焙煎の基礎技術の指導を受け、納得いくまできちんと実習したのが、多くの珈琲ファンにご来店いただける証だと感謝いたしております。
当店ストレートコーヒーは、スペシャルティコーヒー(※)も多く、最新の焙煎釜で少量ずつ何度にも分けて焙煎しています。焼きムラが無い丁寧に焙煎した珈琲豆はふっくらとしたツヤのある豆です。焙煎時には全体的な目配りが大切です。
※「スペシャルティコーヒー」とは
最高水準の香味が保証されたコーヒーである。
1. 厳選した農園や産地からより直接的に、固定価格(ニューヨーク価格に連動しない価格)で購入された高品質豆(厳選農園コーヒー)。
2. カップテスト(香味評価)で高得点を得た高品質豆。
3. カップテストで最高得点を得た高品質豆。
監修/京都大学大学院・農学研究科 助教授 辻村英之
そして、丁寧に焙煎した珈琲豆から虫食い豆、カビ豆、発酵豆、その他石などの「欠点豆」をスタッフが、一つ一つ根気良く取り除いていきます。
  体に良いコーヒーをおすすめします。
当店ではコーヒーを嗜好品である前に健康食品であると考えています。
事実、ヨーロッパでは胃の手術後、最初に口にする物はコーヒーであることが非常に多いのです。これは胃を正常に働かせるためと聞きます。
 
体に良いコーヒーの条件は次の3つです。
1. 厳選した生豆(特に新豆)をさらにハンドピックし、欠点豆(虫食い豆、カビ豆、発酵豆、その他石など)を取り除いた良質の豆であること。(平均20%〜30%除去します。)
2. 適正な焙煎が施され芯まで火が通り、ふっくらとしたツヤのある豆であること。
3. コーヒー豆は生鮮食品。焙煎後、約2週間位までの新鮮な豆であること。(挽いた場合は1日以内)

最低でも以上の3つの条件が揃って良いコーヒーと言えます。そして初めて「おいしい」とか「まずい」という嗜好の段階に入っていけるのです。もちろん当店のコーヒー豆は良いコーヒーの条件3つを全て満たしています。
あとはみなさんのお好みに合うコーヒーをみつけてみてください。浅煎りから深煎りまで豊富にコーヒー豆をご用意いたしております。きっと、あなただけのコーヒーに出逢えることでしょう。
  おいしい召し上がり方
 

当店の珈琲豆は生鮮食品です。焙煎後、豆の状態で約2週間と言われています。ですから、一番手間がかからずに良いコーヒーを楽しむには、少量ずつこまめに購入してガラス製密封容器で涼しいところに保管することをおすすめします。新鮮な豆はお湯を注いでドリップした時にハンバーグ状に膨らみ、ムースのようなきめ細かい泡が立ちます。
当店のブレンドコーヒーは、豆と豆との相性を考え、それぞれの豆の良さを引き出し、飲みやすさを心がけています。そのために生豆の段階からミックスして焙煎しています。また、「浅煎り豆」はカフェインが強く、アメリカンタイプで朝向きの豆です。逆に「深煎り豆」はカフェインが弱く、香りが良く夜向きの豆です。


| ホーム | 配送・お支払い | 安全美味米 | アルファーウェーブ | 波のささやき/ミロッサ | コーヒー豆